2016年08月23日

私達が靑春の無知

ただ単純に若い軽薄の歳月何かを殘ため、衝動的なブログ、ゆっくりと、文字、それを祭ることのないかつて!
この日、なんだか自分が老いた、思い出は知らぬ間に現れる脳裏の中で、あれらの忘れたいが忘れられないのは、まるでひとつひとつ鼓動の音、弱気な僕の前で歌うのはそれは勝利の歌。
靑春は、そのような情熱で活気に満ちて、若い時の私達はいつも靑春の歳月の中で吟ため息とともにその季節の感傷に属しないで、私達が本当に歩いたことがあって、私達が靑春の無知の生活の中で静かに流れて、私たちはふと目が覚めて、あれらの靑春と関係がある日に、私たちの度を逃す!
年、靑春はちょうど、だけかもしれないが、若いので私たちはこんなわがままにしていて、なんだか自分のコントロールの中ですべてわからないで、大切にして、わからない包容、私たちはいつもすべてまだ間に合うには失って、は遅かりし由良之助!
徐誌摩:少なくとも一度の人生、誰かのために自分を忘れて、求めない結果を求めず、同行を求めず、かつて持って、甚だしきに至ってはあなたを求めて、私を愛して、ただ私の最も美しい年月の中で、あなたに出会って!
私の最も美しい年月で、あなたに出会った!
だから、私は、自分をなくしました!
若いか弱くの愛情、結局はやはりそれはしかし、歳月非情の摧殘、惨敗を知らないで、ただあの時の私とあなたを形容することができるかどうか!「愛が足りないんじゃない、私たちが現実に負けてんだ!あなたは言います:私はあなたが幸せを探し当てて、私はやっと愛に行きます!あなたは……
約束は猶耳……
振り返ると、あとは自分だけで!
あなたにも聞いてみたい、できない、なぜ当初はすべての良いことを承諾して!
友達の前で笑う1顔の無辜、沒肺であの最も美しい7年の光陰をごまかしていたことがある!
七年、私は、また、七年、忘れることにしていた!
いつも自分に聞く:が強く、敢えて恋恋忘れない!
一人、1つの城、一生かわいがること!
何年も、いつも覚えられない、考えたくない、考えない、と思う、それぞれに静かに!
しかし、それらは私一人のかつて、ずっと行きません!  


Posted by 棒球小子 at 18:51歳月非情

2016年01月13日

上から読んでも 下から読んでも同じ文

「しんぶんし(新聞紙)」や「たけやぶやけた(竹薮焼けた)」などのように
上から読んでも下から読んでも同じとなる文を回文と言うが、
「わたしまけましたわ(私負けましたわ)」などはよく知られている回文。
また、有名人を扱ったものには、「宇津井健氏は神経痛」「奴、からむのよ、野村克也」
など、ちょっと笑えるものがある。
この回文に相当するものは、英語圏にも”palindrome”という名で存在している。
母音の配列から考えて、英語の方が遥かに作るのは難しいが、
"Do geese see God?" "Was it a car or a cat I saw?" などが作られている。
中には、
"On a clover, if alive erupts a vast pure evil, a fire volcano"
というような力作もある。
文を作る楽しみもあるが、これは何かの ”おまじない” という話もある。

この”palindrome”は大昔から存在していただろうが、
形として残っているのは、
ヴェスヴィオ火山の爆発によって埋没してしまったエルコラーノの遺跡に
”Sator Arepo Tenet Opera Rotas” と刻まれた碑文がでてきた。
これは、単純に読めば「農夫アレポは馬鋤きを曳いて仕事をする」
を意味するラテン語。
さらに追究すると、SATORは「農耕神サトゥルヌス」でAREPOは「大地の産物」
の意味がかけ合わさっていることがわかる。
縦と横にも一定の法則がある。
こういった文を作ったのは、一つの”願掛け”の要素があったようだ。

日本でも、正月二日に見る夢を初夢と言うが、
元旦の夜に寝る時に、枕元の下に「宝船」の絵と
「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな
(長き夜の 遠の睡りの 皆目醒め 波乗り船の 音の良きかな)」
と書いた文を敷いて眠ると、良い夢が見られるとされる。

回文と”願掛け”、東洋と西洋ではあるが、どこかで繋がっていそうだ...  


Posted by 棒球小子 at 11:36

2015年12月17日

早くも開き直り

2015年もあと半月を切りました歐亞美容

こんな時期に風邪や喘息を患い、予定がダダ狂い保濕精華液

でもパソコンにはへばりついています。
夜中は咳で寝た気になれず、昼間なら眠れるだろうと昼寝をたっぷりしたり、とても早く寝る日もありで、パソコンでしたいことの予定も狂っていましたが、先ほど真っ先にやるべしことがやっと終わりました。

無料で借りていたサーバーが1月6日に閉鎖ということで、そのServerで作っていたサイトの引っ越しのようなことに取り組んでいました。

今は日付が変わって17日。引き算をしたら今年があと14日しかない!

掃除とか、年賀状とか、掃除とか、、、。できるのか?

待ちに待ったデスクトップパソコンが12月3日に到着しているというのに、まだ開梱すらできず、部屋の真ん中にドーンと箱のまま。

新しいパソコンに触りたいのに、これも「待て、おあずけ」状態です。
今までずーーとノートパソコンでチマチマ猫背になって作業していましたが、やっとモニターの高さ調節ができるのを手に入れました!
開けたら、まずはWindowsの更新で、これだけで結構な時間がかかると思います。

ちなみにWindows10プロフェッショナルというのをWindows7にダウングレードしてもらって購入しました。
なぜなら、10では持っているソフトがインストールできないからです。
企業さんもそういうところが多いらしく、歐亞美容結構ダウングレードの注文が入るらしいです。
ダウングレードは有料です。
量販店のパソコンでもそういうことができないのかと問い合わせたら、歐亞美創美容中心量販店のパソコンはOSがプロフェッショナルというのは売っていないそうです。
ダウングレード権が使えるのはプロフェッショナルだけのようです。
メーカーはLenovo。Lenovoは2台目になります。1台目はノートをセールの格安で入手しています。今度のはそのノートが3台買えるようなお値段です。

初代のパソコンはFUJITSUのノートで、これは40万円くらいしました。当時のボーナス使い果たしました。
メモリがちょっとで、ウイルスソフトを入れたら動かん!ということもありました。

国産のパソコンは相変わらず高いです。なので2代目は Acer を購入。これは評判の悪かったVistaでしたが、なんでそんなに評判が悪いのかなと思うほどで、私のはなかなかよく働いてくれていました。
で、Acerを修理(延長保険適用で無料)に出すことになり、仕事柄パソコンの保険というかもう1台あった方がいいということで3代目がLenovo。これもまだまだ現役ですが、今後は「保険」になります。

今使っているのが、おかしくなった時にすぐに使える「次」がないと不安なわけです。

服や宝飾品よりパソコンが嬉しい私です。
でも買えるだけの財力ができた今年の私、自分に「アンタはエライ!」とほめておきました(*^^*)
でも、自分がこんなにパソコンを必要とする仕事をするようになるとは若い時には思ってもみませんでした。

そうそう、間に手作りパソコンが1台入りましたが、コイツは出来が悪く、これだけは後悔でした。

さて、掃除とか、年賀状とか、掃除とか、パソコンセッティングとかみんなはできんやろ~。もう開き直るしかないです。

ではまた
読みに来ていただいてありがとうございました人事顧問
  


Posted by 棒球小子 at 17:05

2015年12月07日

未来の生活の再出発

今日、私たちは喜びに自身の存在、それは一種の自己される時、理解、信頼、reenex 效果寛容の存在も、もっと進一日また週囲とすべての人と仲良く交流の中で、物事を再建築の素敵な一日。
私の情熱はこの日が来る時、目が覚めて、夜明け夜明けの今欢悦に祈りを。
この時の思考を、自由の暗を泳いで、私に任せられてそれを苦しめている、具みる局限性のとても個人の場所の見逃し。マイペースではこの瞬間を与えられるの自由。
自由の追憶の中でぶらぶら歩いて、思い思いの愐懐、思省、隠れて、ないのあの過去の想いに弔いをしてあの心に刻む。
この経験を思い出すべきではない、ただ、この静寂時、思わず一筋の弱い心ゆれる心。
そして人と人の間の縁で、いついつ到着後に、全ての定数。
もちろん、お互いはとっくに辞して閑地につくのは自分だけのあの天地も改善肌膚彈性、もはや必要とする相手に軽く静かな生活、お互いに黙って命をゆっくりと流れる水のように前へ。
瀋黙が一人でますます堅固で、強い。
他人への強い忘れほど時がすさまじい地面に生活の中のすべての難題に厳しい。
この速いリズムの時代、誰が誰かを失う、生きていると変わらないというへ。
忘れが増えるだけ不必要な思想が負担する。忘れて自分がもっと気楽です。
この時、たとえすでにをしのぶ心に触れる、触れた魂、必要も無いことのできない思いを縛って逃げ回る過去の中で、最も切実に必要なのは1種の長い隠匿紛失した相手のニュースに立て直す思いでそして风轻云淡の心理状態を確認して本当に。  


Posted by 棒球小子 at 17:41生活教育

2015年12月04日

鑑賞の美しさも

冬には、時折の晒太陽の下では、は本当に楽しみ。寒さにしかない、心暖かい気持ちを。
今年の冬は雨が少なく、ときどきのよく晴れて、この冬は少ない寒い。たとえ歩く道はいっぱい黄葉の梧桐樹の下でも、ただ胸いっぱいの暖かい感、美美美の黄葉。またその陽気で金色のイチョウの木は、目の保養する。
冬の太陽の下で、相互に抱えた老人は、とても大きなお腹の妊婦、子供連れの婦人、三々五々のは一緒に座って、楽しくて、携帯電話の子供を笑わせたり、ささやく雑談していて、談笑している。そんなにも二小靑年のように、恋人、ぎゅっと寄り添って、親しい寄り添っイチョウの木で、時々いちゃつきふざける一言目を引き連れていくら振り返って見る。
午後行く国貿服装城両替積分、幸いと見知らぬ人は一緒に座って日光にさらされるは、互いに知らないが、孤独を感じる、暖かい雰囲気が長いの空気の中でで、たまにが見上げて遠くに慌ただしくて過ぎて歩行者と通り過ぎる車、そして頭を下げてそっとか萌えおこしの小さな真情を楽しんで短い日光浴。服装があって女の子身辺から通って、鑑賞の美しさも、突然を思い出して、かつて自分も同じ服装が希望に満ちた街を歩いている。

頭上の日はとても靑いいい靑、太陽の下のイチョウの木は、たまにそよ風が軽くなったことがあって、金色のイチョウの葉がさらさら落ち、軽やかに舞う蝶の群れが宙に舞う、小さな女の子を見ての下降イチョウ、濾水器推薦口が止まらない叫んでいるお母さん見ろ、蝶、蝶多くの黄金色の蝶、そして楽しい無邪気な追いかけ舞うのイチョウの葉が…。。金色のイチョウの木は、カップル、小さい女の子、ひらひら舞いイチョウの葉が、まるでおとぎ話の世界のストーリー。
実は、あなたの優しさを持っていて楽しい心、あなたは発見して多くの美しいものはに、生活の細部の中ではない;冬、私の好きな花の香り、味は見ることが好きです。そのゆらりピールの落葉の美。は短いが、私も暖かくそれを美印は心の中で、たとえ糸殘念に思う然意もそっと隠して心が好きで、顔にも現れない。
人はそれぞれの年齢の段階で、言うことが違うから、あなたの経験した多くのことによって、環境の要素は、深く体得したこそ、心からの感慨が、年を取るほど、もっと好きな自分の気持ちを、静かに、淡々として、楽で、纖瘦店楽しみは生活を楽しむ源泉、地道なた毎日は生活の本質。心が優しい目、米、何をし、何を見てもいい美の。  


Posted by 棒球小子 at 16:26

2015年11月19日

いつもそれでは1つの場所

あなたに出会って恋をして、自分の白馬の王子、彼はとてもあか抜けて、あなたに優しくて、あなたたちは抱き合って、あなたは小鳥のように人に寄り添うように寄り添って彼の懐で、君たちて離れないで見捨てないの誓い、バインドして同棲するの円満で仲むつまじい、君たちはキスをするが、私はあなたを見て分明唇依舌を間に潤んでいた目。bridal academy 日校彼はあなたに泣いて、あなたはうなずいて、彼があなたにあなたをそっと開けて、彼の手をつけ、自分で繊細な中指、時に目尻の滴、そっと置いて胸を揉み潰すとともに、すべての気持ちを入れ、誰も垣間見ることができない、あなただけ触れたその場所。私は知っていて、あなたはいかなる人にさせたくないその滴、あなただけがそれを秘蔵し、あなたが知っているためこれは1つの知己が、これは一つの思い合って、これは私たちの生命のこと、これは私達の魂のね。

あなたは結婚して、生活がとても幸せで、しかしあなたはまだ慣れて、暇の時に公園に行って、そこの蓮池ながら、朝、霧雨が立ちこめる中、あるいは夕方、例えば血の夕日の下で、たたずんで池、ハスのいつものストレッチ、水のような日は昔のようにので、静かにあなたを、だからあなたはべべの涙を流して、隣の人々が見た:この子、感傷的で、本当に黛玉のような女の子だよ。あなたが笑って、私は荷妖、好きな荷も、その字が好き。他の人が聞いてもびっくり、異様な目で見て、改善肌膚彈性彼らが理解しない、他人と自分は仙人が好き、あなたさて自分は荷妖。しかしあなたはただ淡々と笑いすぎて解釈しないで、あなたが知っている彼らは理解できないところには、私たちは1部の暗黙の瞭解が、一点灵犀、人のない1部の詩情。あなたの涙を流にだけ心をかわした瞬間、その花びらのように輝くように彩墨ハス、ハスの花の上にかすかに襲っ靑色ガウン。
光陰は、例えば指の中の砂、いつの間にかの中で、歳月が過ぎて、雕刻刀を彫刻しているように、美しい伝説、この水のように私はいつもの年があなたのまつげ間に転がり落ちてあなたの目、べべのあなたに付き添っていて、静守己心派手なもの、あなたもべべのを待っていたその姿に、その花びらのように輝くように彩墨ハス、たとえあの日、たとえいまわの際は、私に模写冥冥の姿は、あなたが知っている私は、微笑みが溢れるにあなたの口もと、あなたの心の中で、私は、神様が与えてあなたの幸せ、私の心の中に、あなたの笑いは、あなたに与えられた美しい光陰。仏は、十年修得乗船して、百年枕を共に修理、千年を結んだ秦晋。私は知っていて、縁がないので、まだ修随分千年、私は仏前の輪の青莲ない乞1粒の佛珠を補うに時間が、私は私の生命であなたに付き添って脫痣、私は1世、これに続いて縁の伝説は、待来世。  


Posted by 棒球小子 at 11:19愛情

2015年10月27日

どこまで続くか のろいの呪縛(じゅばく)

非常に稀(まれ)にしか起こらない事を「千載一遇(せんざいいちぐう)」と言ったりする。
これは中国の『文選』に収められている言葉で美麗華導遊
馬を見極める人として知られる「伯楽」と「類い稀な駿馬」が
同時に存在する確率というものは、
千年に一度あるかどうか、という例えでこの言葉が使われている。

映画などでは「危機一髪」や「万死に一生」に並んで、
感動を呼び起こしたりするものに、この「千載一遇」というものがある。
最近何かと話題になっている『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』の、
シリーズ第1作では1955年にタイムスリップするストーリーとなっている。
そこで燃料のプルトニウムを使い果たしてしまい1985年に戻る事ができない。
その時、時計台に雷が起こる事を記録から導き出し、
そのエネルギーを使ってデロリアンを起動し1985年に戻って行くという話。
まさに「千載一遇」。
第二作の舞台となっているのは、2015年、
すなわち今年の10月21日にタイムスリップするというストーリー。
様々な未来予想を駆使して美麗華導遊、映画で約30年後の世界を描き出している。
映画で見事に「予言的中」というものもあれば、「ちょっと、違ったな」と思えるものもある。
そんな「予言的中」を感じさせるものの中に、今年大リーグ・カブスの
ワールドシリーズ優勝というのもあった。
カブスは1908年以来、ワールドシリーズ優勝から遠ざかっているが、
その間、何度ももう一歩で優勝というところまで行き、涙をのむ事になった。
それは『ヤギの呪い』のせい、という話がまことしやかに伝えられている。
この話は、1945年のワールドシリーズで、
いつも「マーフィー」というヤギとともに観戦に来ていたビリーじいさんの入場を断った。
そこから『ヤギの呪い』がはじまったという伝説がある。
今年のカブスは、地区優勝はできなかったがワイルドカードから駆け上る快進撃を見せたりと、
バック・トゥ・ザ・フューチャー の予言どおり、
「千載一遇、優勝か?!」を感じさせた。
ところが、「メッツ」に見事なまでに、してやられ、
映画の通りとならず、ワールドシリーズに行く事はできなかった。
その相手チーム、4戦で4発のホームランを打ったメッツの打者の名は、
ヤギと同名の「マーフィー」だった美麗華導遊。  


Posted by 棒球小子 at 16:19生活教育

2015年08月19日

文章に出る、人生

わたしのことを褒めて下さった、先輩(お目にかかったことはないが)が、
今日も、とあるSNSでコラムをアップしておられたので、見に行った。

あらまあ、わたしの考えること、感じることと、まったく同じalmo nature 貓糧
この先輩とわたしは、同じ線の上を歩いているように思う。

ただし、この先輩は、マジメでお勉強を一生懸命なさる方。
わたしとは違うところに、安らぎというか、安心感を感じた。
わたしは、基本的に、勉強家でマジメな人が好きなようだ。
自分がないものを持っておられると、なんだか信頼できる。
自分みたいな類の人間は、ふにゃふにゃしていて信頼が置けない。

かつて、わたしより5歳は年下だろうと推測する、文章の先輩に、ここ、蝶ブログで出会った。
彼女は、キレすぎて、腑抜けのわたしには、辛すぎる。
歩んできた人生が違うと、人生への取り組み温度が違うので、
お湯のなかで生きているわたしにはDR REBORN呃人 ースのところで温度差を感じずにはいられない時がある。
鋭い刃物で切られる思いを何度かした。
別にわたしのことを指して述べておられるのではないが。

ひょっとすると、わたしの文章も、
特定の相手はなくても、自分を切っていて、同時に誰か不特定の人を切っているかも知れない。


文章表現は、あくまでも、手法であって、書く内容、精神構造、感性、アタマの中身、
頭脳とこころが要である。


わたしの欠点は、ムラがあること。
常に滑らかではない、アップダウンの起伏、左右の振幅がある。
自分で、やる気やパワー、能力をコントロールできない。
できることは、エネルギーの出し惜しみ、のみ。

おそらく、どこかが詰まっているか、うねっているか、突起でもあって、
脳への血流が潤滑に行われていないのだろう。
自分で制御できないが、それを逆手に取って、動けない時間、パワーで「溜め」を作る。
メリハリで持ち味を出すことにしている。
まったくなにもしないで、息をしているだけの時と、髪を振り乱して、全力、フル回転の時に分かれる。


ちなみに、唐突に、ぜんぜん関係ないがDR REBORN黑店
ある50代女性の婚活ブログを読んだ。
男性が好む女性とは、おっとり、しっとり、だそうだ。そしてマイルド。
しっかり、自己を持つ女性は、男性の思い通りにならないので、敬遠されるとか。
なんだか、この話を読んで、ちょっと嫌になった。
男って、なにさ。結婚してからも、わがままを通したいつもり?
幻想を抱いている限り、結婚はできない。
じゃあ、結婚しようと頑張らなければいいのに、なぜか、このブロガーさんは、延々と婚活を続けておられる。

義母(姑)が、4日前に言った言葉が印象に残る。

「女は、男をどう動かすか、活用するか、それにつきる。
上手に動かすんやで」

なるほど・・・深いお言葉。。。。
どこの誰の名言より、重い真実が感じられる。


今日は、延々と自分の能力や年齢に対する愚痴を書こうと思ったのに、
そういう気分ではなくなってしまったようだ。
今朝、見た夢、2本についても書こうと思ったのに、
(1本はストーリーもはっきり、シーンも鮮明に覚えているが、もう1本は、登場人物のみしか覚えていない)
お時間となりました。


あ、最後に。
昨夜見た、NHKテレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯~フィンランド・ヘルシンキ編」に出てきた、
シニアの事実婚らしきカップル。
とても素晴らしかった。
鶴瓶のツッコミは気に入らなかったが、コメディアン(芸人)としてはまあ、ああなってしまうかと。
ああいうカップル、理想中の理想。
ああ、でもわたしには無理。わたしは、デキが悪いから・・・。
でも、でも、あんな二人が、理想です。

「僕たちは、同じものを見て笑うんだよ」
そう言った、男性の笑顔が、これまた素敵だった。
その横で、にっこり微笑む女性・・・ああ、いいなあ・・・。

わたしも、まだまだ甘い、夢見る乙女かしらん???  


Posted by 棒球小子 at 11:18生活教育

2015年07月14日

近くの成熟した季节

あまりの暑さに夏が好きらしいは一種のぜいたく品を吹いて私はいい感じだと軽く、いい、爽やかで、私の前での花の木も腕白な手招きする、私はこのような自然美に感染したんです、DR REBORN绝無呃人ぼんやりとしているという感じだった。天がだんだん暗くなったかと思うと、次の番头をもたげて、俺が見た星だと思いました。

间违いありませんのは星をのきれいな光るを刺激する星は良くて、明るい!

お目にかかったに親しく感じられるようですけど、それが僕の久しぶりの亲友でもなかった。それでいい、私を準備しているこれらの可爱い男の子愿をかけるとき、私は急に何か思いついたように私の手を、そして笑ってから、私がどうしてそんなに幼稚なことだろうか。

まるで私を封鎖して削除された空間に最後に実現することができないかもしれないあの幼稚なもの、時々私は事実を尊重しなければならないわたしはethernet執着傾きが幼稚に、幼稚なのだから、まるで子供のころ見たドラゴンボールが持ちたいこう大魔王の能力を见ました。ドラえもんしようという一部の不思議なものを見たとき、ジャッキー・チェンの冒険旅行は本当に欲しい護符を……ところが事実を教えてくれた」とし、「このすべては不可能だというのが、私たちの良い幼稚であり手作教學、我々の執着から由来し、本心にこだわっていてはそうかもしれないため、私たちの胸を間違えたのではないだろうか。

决心往々にして悪いことではないにこだわるわけでもなく、私たちの胸を间违えた、からかけ離れているので、さらに遠くなるしましたか?

畑で逃した成熟した'をお調整の方向を待っていた2カ月後に旺盛トウモロコシだったのだろうか。

近くの成熟した季节、一体どうして知らない……

空が暗くなったかと思うと信じて、私はまだする星を见ることができます!

私はもう愿を、それも本じゃなかった流星美白產品!  


Posted by 棒球小子 at 18:52

2015年06月15日

花が咲くように自然の

僕たちは何気なく騒がせましたその目には大切な美しいですか?
邪魔しない。本当の鑑賞に心の底にしないために一つの花の香を嗅ぎ全体に採集のつぼみの香りを楽しむために、蝶の美の姿を喧扰あの1部の静けさと安然、これこそ本当の鑑賞者の姿で:静かで、声が出ない、触れない衝突、佇んではるかに局外、唯一の目を愛撫、甚だしきに至ってはただ心の底でひっそりと思い。

张晓风曾在散文に記載された友人の家を訪ね一位を通って、雑談の合間には1株に瀋黙を家屋の隅の月下美人、彼女は黙って強情に振って広げる全身ソテツのような濃厚な重厚な緑。聞いて友人材は本の海の品種、強情に守っている出身地の時差、キンは昼間だけ咲くも、友人を使い尽くしていかなる方法でも、彼女は常にたくないそれ璞玉だしたように白い透き通ったつぼみ。この本は尊重张晓风強情花の深く殘念ながら彼女の運命。いくらはいくら加護や栽培、何と彼女は咲く顔端正清丽のほめ過ぎるの言葉は、彼女を離れない潤い初生土壌の強情根もできない、彼女を咲いた最も原始の最も美しい本初。
綺麗に彼女の最初の環境の中で行って、彼女のために咲く光じゃない、あなたの楽しみ、彼女の開放に影響しました。
暇な時、読書、最愛川端康成の一言:「午前4時、カイドウの花未の眠。」それはどんな優しさで敬虔な心ですね。老人を借りて、微熹朝の光は、披衣で座って、黙って窓を細くする間に睡眠の中の花、容赦ないお邪魔しない前の採集、未使用巻フィルム記録花淺い眠りの模様。彼は自分の睡眠時間を犠牲にしたい、守ってたあの方自然美の満開で、これは更に1種の尊重、無言では、午前は淺く澄みきっているの時刻に浸透するように、私たちは、自然界で一草失って行く、虫一鳥、全ては強情で美しい生霊をこめて、尊重とし楽しみに「譲歩」たちは、才能に味わう最も自然、最も美しい感動。
蝶は闇の中に生息するのは静謐で、莫ろうそくの光にお邪魔して彼女たち。花が咲くように自然の、静かな、莫でカメラのフラッシュが騒がせ彼女たち。私が多くてすべての足音だけが人の花、軽く、ゆっくり見て、はるかにいいじゃない、あなたの影は、立ちはだかるどの花びらの光。  


Posted by 棒球小子 at 13:31生活教育
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
棒球小子